11月例会開催

FTセミナー~俺たちが創る船井JC~

担当:会員拡大委員会

11月15日に11月例会 FTセミナー~俺たちが創る船井JC~を開催しました。第一部で船井青年会議所のこれまでの歩みを映像で振り返るとともに、過去の委員長経験者が当時どのような想いを持って活動に取り組んでいたかを発表する場がありました。

第二部では船井青年会議所OBで第36代理事長であられます藤原和正先輩に講師としておこしいただきご講演いただきました。自身が青年会議所活動を通じて得られたものや想いを熱く語っていただき、FT会員はもちろんのこと現役メンバー全員にとって学び多き例会となりました。


10月例会開催

そうだ今こそアドベンチャー~新たな魅力を見つけよう~

担当:資質向上委員会

2017年10月19日に10月例会を行いました。兵庫県篠山の『フォレストアドベンチャー・丹波ささやま』にて一日かけて、日本最大のアドベンチャーコースをメンバー全員で体験しながら、チームビルディングの手法を学びました。また協力して課題をクリアすることで、今まで知らなかったメンバー同士の新たな魅力発見にも繋がり有意義な例会となりました。

 


9月例会開催

~時間管理能力を学ぼう~

担当:総務情報委員会

2017年9月19日に9月例会を行いました。テーマは時間管理能力を学ぼうということで、ビジネス評論家として、また講師、作家として多方面でご活躍されている『中村一也氏』を講師としてお迎えし、タイムマネジメント研修を行い、メンバーにとってすぐに実践できる内容であり、学び多き研修となりました。また本例会で『林良史君』が新たに入会され、船井青年会議所メンバーは20名となりました。

 


8月例会開催

~京都丹波農業青年クラブとの交流会~

担当:社会開発実施特別委員会

2017年8月23日に8月例会を行いました。本例会は事業なしのセレモニー例会でしたが、その中で『京都丹波農業青年クラブ』の皆様をお招きし、交流を図りました。バレーボール大会の後、八木の大堰川沿いでBBQ交流会を盛大に開催しました。同世代である農業青年クラブの皆様と交流を深めることができ、メンバーにとって学び多き例会となりました。


7月例会開催

~委員会中間報告会、40周年事業慰労会~

担当:会員拡大委員会

2017年7月17日に、7月例会を行いました。本例会は事業なしのセレモニー例会でしたが、その中で委員会中間報告会を行いました。各委員会の上半期の活動を振り返り、残り半期の活動や意気込みを発表することで、メンバーの意識が一つになるきっかけとなりました。そして例会終了後には、40周年事業の慰労会として、メンバー同士労をねぎらいました。

また新たな仲間として、高木公哉君が入会され船井青年会議所は19名となりました。


6月例会開催

~40周年記念式典および祝賀会~

担当:40周年実行委員会


 2017年6月25日に、6月例会として『一般社団法人船井青年会議所 40周年記念式典および祝賀会』を執り行わせていただきました。

 まずもちまして、ご来賓および関係各所ご参会いただきました皆様、お忙しい中まことにありがとうございました。

創立からの船井青年会議所を振り返り、45周年に向けての5年間の中期ビジョン「Challenge the Next Innovation~自らの革新こそ新たな歴史を切り開く力となる~」を発表させていただきました。私たちはメンバー数19名と少数ですが、これからも明るい豊かな社会の実現に向け、チャレンジ精神を忘れることなく革新し続けることで、まちづくりの先駆者としての誇りをもって活動や運動を地域へと発信して参ります。そしてその先には。私たちその先には、私たち船井青年会議所の存在が地域にとって更に必要とされる存在となって、新たな時代を切り拓いていくものと確信しています。こらからも変わらずご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


5月例会開催

~京都ブロック大会 宇治大会~

担当:資質向上委員会


 2017年5月21日(日)5月例会として、公益社団法人日本青年会議所近畿地区京都ブロック協議会の「第45回京都ブロック大会宇治大会」に参加しました。一日がかりのプログラムで、まず宇治文化センターにて「第45回京都ブロック大会宇治大会」の式典、褒賞授与式、フォーラムが開催されました。その後会場を山城総合運動公園に移り、「京都スマイルフェスタ」に参加しました。京都が誇る食の魅力を体感できる様々なブースがあったり、ステージアトラクションがあったりと、メンバーにとって学び多き貴重な経験となりました。


4月例会開催

~聴く力は伝える力~

担当委員会:会員拡大委員会


 

4月19日(水)南丹市国際交流会館にて4月例会~聴く力は伝える力~が開催されました。本例会は会員拡大委員会の担当で行われ、会員拡大をする際に必要とされるコミュニケーションの考え方やスキルを学びました。コミュニケーションスキルと聞くと、まず伝える側のスキルを思い浮かべますが、今回は『聴く』スキルを高めることで、相手との信頼関係(ラポール)を築き、コミュニケーション向上に繋げるといった内容でした。実際にワークショップを通じて、アクティブリスニング技法を体感し、聴く側の技術の大切さを学びました。また相手の話を聴く中で、その内容を具体化していくチャンクダウンという技法も学び、メンバーのコミュニケーション能力の向上に繋げることができました。最後には『船井青年会議所の魅力とは』というテーマで話し合い、メンバー同士意見を共有しました。これを今後の会員拡大活動に活かしていきたいと思います。


3月例会開催

(一社)船井青年会議所、(一社)亀岡青年会議所合同例会

および

(一社)船井青年会議所,(公社)乙訓青年会議所,(一社)亀岡青年会議所3LOM交流会

担当委員会:資質向上委員会


 

3月29日に亀岡の地にて、亀岡青年会議所主管で

 

『(一社)船井青年会議所、(一社)亀岡青年会議所合同例会』

 

および

 

『(一社)船井青年会議所(公社)乙訓青年会議所(一社)亀岡青年会議所3LOM交流会』が行われました。

 

まず船井青年会議所と亀岡青年会議所の合同例会が行われ、その後乙訓青年会議所も交えての交流会として、講師『早川光志』先生をお招きして『問題解決思考』について学びました。

問題解決思考とは『理想と現実のギャップを埋める方法を考える技術』であり、仕事はもちろんのこと、プライベートやJCなど様々な場面において使える不変のスキルです。

何が問題か⇒その問題について何が原因か⇒その原因のさらなる原因はなにか⇒その原因に対して効果的な打ち手はなにか⇒その効果的な打ち手の実行優先度を決めるといった流れで問題解決に繋げます。講演の後にグループワークを行い実際にこの手法を体験することで、非常に学びのある事業となりました。またグループワークでは各青年会議所メンバーが入り交じり、グループワークを行うことで交流を深める場ともなりました。

その後は乙訓青年会議所の設えで懇親会が行われました。LOMの垣根を越えて交流を図る有意義な時間となりました。

また本例会において『小泉 範幸』君が新入会員として入会されました。


2月例会開催

京都ブロック協議会2017年度会長 正式訪問

担当委員会:資質向上委員会


2月20日に2月例会として、一般社団法人船井青年会議所と一般社団法人亀岡青年会議所の合同例会が開催されました!公益社団法人日本青年会議所近畿地区京都ブロック協議会2017年度会長正式訪問として、德田 洋典君にお越しいただきました。「夢を描けるJAYCEEになるために」をテーマに、今年度の京都ブロックの方向性、德田会長のJC活動の中で得た気づきや熱い想いなどを講演いただき、メンバーの今後のJC活動に対するモチベーションアップに繋がりました。例会終了後には、一般社団法人船井青年会議所と一般社団法人亀岡青年会議所とで懇親会を行い、メンバー同士交流を深めることができました。

また2月例会では2名の新入会員の方に入会していただきました。

徳美順平君    村田理事長    田井忍君


第62回通常総会・JCOB互賛会総会


1月25日(水)に「第62回通常総会」を開催しました。来賓に南丹広域振興局農林商工観光室室長の新見覚紀様にご出席いただき、無事にすべての議案が可決されました。2017年度船井青年会議所が本格的に動き出します!

そして1月27日(金)には船井青年会議所JCOB互賛会の総会が行われ、現役メンバーも参加させていただきました。朝からはOBと現役メンバーでゴルフコンペを行いました。優勝は2年連続で現役メンバーの内藤大二郎君!そして夜は総会および新年会が行われ、現役メンバーにとってはOBの皆様と交流できるすばらしい機会となりました。

 

 

 

 


京都会議・ロムナイト


2017119日~22日の日程で「2017年度京都会議」が開催され、船井青年会議所からもメンバーが参加しました。教育再生フォーラム、経済再生フォーラムなど様々なセミナーが催されました。

 そして121日の夜はロムナイトが京都市内にて開催されました。今年船井青年会議所が40周年の節目を迎えるにあたり開催いたします、「40周年記念式典・祝賀会」をPRするためにメンバー総出で府内各地のロムナイト会場へ回りました。

 

 

 

 

 


1月例会開催

~第32回新春賀詞交換会~



1月4日、南丹市国際交流会館において「第32回新春賀詞交換会」が行政諸団体をはじめ地区関係者などの多くの方にご参加を頂き盛大に開催することができました。MACHAMIダンスサークルの子供たちによるヒップホップダンスが披露され、子どもたちの「新年あけましておめでとうございます」と元気のよい挨拶で開会が宣言されました。理事長挨拶では第40代理事長の村田理事長が本年のスローガン、本年における意気込みを参加者に伝えました。またメンバー紹介の場を設け、船井青年会議所メンバー一人ひとりを知っていただく機会となりました。